フレームレスのメガネ

知的な雰囲気を演出できる

近年、ファッションアイテムとしてメガネを愛用しているという人は少なくありません。一口にメガネといってもフレームやレンズの形など様々な種類があるので、自分に似合うものを吟味することができます。中でもお洒落だとして男女問わずに注目されているのが、フレームレスのメガネです。フレームレスのメガネとは、文字通り、フレームが付いてなくてレンズに直接穴を開けてネジで止めているデザインのことです。フレームが全くないことから、メガネをかけた際に素顔の印象が大幅に変わることがありません。シンプルなデザインであることから、ビジネスシーンはもちろんプライベートでも服装を選ぶことなく使用できるのが魅力です。さらに、フレームレスのメガネは知的な印象を演出できるため、職場で愛用すれば仕事ができる感を演出することができるでしょう。

強度が弱いので取り扱いに注意

フレームレスのメガネは、シンプルで主張がないデザインであることからどのような輪郭でも似合うのが魅力といえます。丸顔をはじめベース型などどんな輪郭でも気軽に愛用することができます。また、フレームがあるメガネと比べると非常に軽量なのも特徴です。したがって、長時間かけていても疲れを感じにくいのも魅力です。しかしながら、フレームでレンズが防御されていないことから、フレーム付きのメガネと比べると強度が少し弱くなります。つまり、うっかりと落としてしまったり、メガネがあることに気づかずに踏んでしまったりするとレンズが粉々になってしまいます。そのため、取り扱う際は壊れないように細心の注意が必要といえるでしょう。

眼鏡と聞くと、「視力の弱い人がかけるもの」と思いがちです。しかし近年は、伊達メガネをかけたり、敢えてかけずに服やおでこに引っ掛けたりなど、ファッションとしての要素が強まってきています。