大きいレンズのメガネ

顔全体が大きく見えるので穏やかな雰囲気を作ることができる

メガネのデザインは顔の見え方に大きな影響を及ぼします。特にレンズのサイズが大きくなると顔全体も大きく見えるので、メガネを選ぶ際はその点を注意しなければいけません。レンズが大きいメガネをかけると柔和なイメージを持たせることができます。穏やかで落ち着いた雰囲気を演出することができるので、他人と接する機会が多い仕事に従事する人にぴったりと言えるでしょう。場の雰囲気を和ませる効果もあるので、部下や後輩を指導する人にも適しています。瞳が大きく見えることによって実年齢よりも若々しく、健康的な雰囲気になるのも特徴のひとつです。そのため、写真撮影のように自身の姿が長く記録される際の必須アイテムと言っても過言ではありません。

大きいレンズは傷や汚れが生じやすいので注意が必要

メガネのレンズは顔に近い位置に置くのでどうしても皮脂や汗などの汚れが付着します。また、使っているうちにレンズを傷つけてしまうことも珍しくありません。レンズが大きくなるほど傷むリスクも増大すると言えるので、日頃から丁寧に扱う必要があります。レンズの汚れは専用の洗剤を使えば綺麗に洗い流すことができますが、一度付いた傷は二度と消すことができないので予防策を講じなければいけません。レンズに傷予防のコーティング加工を施すのが最善の方法ですが、次第に劣化して効果が低下するので定期的な加工のやり直しが不可欠です。また、メガネを洗った際にレンズ専用のタオル以外の物で拭き取るのも傷を付ける原因になるので良くありません。