小さいレンズのメガネ

小さいレンズは軽くなる

視力が悪くそれをある程度矯正しようとする場合、メガネのレンズはその分だけ厚くなってしまいます。レンズが厚くなれば重さも増えるので、掛けているときにずれ落ちてしまうこともあります。メガネがズレることで見え方が違ってくるので、位置を直すことも必要です。ですが、それを何度もやっていると煩わしく、できるだけ位置を直す回数は少なくしたいものです。その際に小さいレンズにすることで、軽量化することができます。フレームの形状や材質などによっても重さは変わってきますが、レンズが小さいものを選ぶことで全体的に小さくすることができます。それによって全体の重さを小さくすることができるので、目が悪く度が強いレンズを使う人は覚えておきましょう。

小さいレンズは目が大きく見える

メガネをかけている人は、裸眼時よりも目が小さくなって見えていることがありませんか?強度の近視の人はレンズも厚くなるのでその分小さく見えてしまいますが、もう一つ原因があります。それがフレームの大きさであり、大きいものにするほど目が小さく見えてしまいます。小さいレンズを使用する場合は、その分フレームも小さくなるので目が小さく見えにくいです。またレンズが小さくなることで周辺の厚みも抑えることができ、見た目もすっきりさせることができます。このようなこともあり、強度の近視の人は小さいレンズを使う方が、色々と利点があります。おしゃれとして取り入れたい場合は別ですが、実用性を優先するなら小さいレンズのフレームを選ぶようにしましょう。